Skip to content

特定の人に全遺産を相続させたい場合の弁護士相談

人が亡くなった場合、その遺産は民法の規定によって一定の親族に引き継がれ、分けられる財産の割合についてもあらかじめ決められています。しかしながら、生前に献身的に介護をしてくれたなどの理由で、亡くなったあとですべての財産をただひとりの相続人に引き継がせたいという思いがある場合、それを叶えるための法律上の手段がないわけではありません。こうした場合については、早い時期に弁護士に相談するなどして、法律上のアドバイスを得ておくことが大切です。まず、生前にできることとして、法律的に誤りのない手順や内容で遺言書を作成しておくということが挙げられます。

遺言書で特定の人に遺産を相続させるという内容を示しておいた場合、原則としてその内容が法律の定めよりも優先されますので、死後の希望を叶えることができます。ただし、他の相続人にも一定の割合の遺産を受け取る権利はありますので、遺留分減殺請求といって、その一定割合を分けるように求めてきた場合については、すべての遺産を特定人に与えるのが難しくなる可能性はあります。また、相続人となる全員が、特定の人に遺産をすべて与えることに同意している場合には、死後の遺産分割協議の際に、同様の内容をもつ協議書を作成して、すべての相続人に署名捺印させるといった方法もあります。ただし、不動産などを実際に名義変更する手続きについては、これら全員の印鑑登録証明書などの確認書類も必要となってきますので、細かな手続きについてはやはり弁護士の知識が役に立ちます。

いずれにしても、こうした法律に関わる問題は、手続き上の間違いがあると目的が達せられなくなってしまいますので、弁護士などの専門家が関わることにより、間違いをおかすリスクを回避できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です