Skip to content

相続に関して弁護士に相談すべきポイントは

遺産を持った身内が亡くなった場合には、遺産の相続の手続きをしなければなりませんが、簡単にできるものではないので、弁護士にその事を相談して円滑に進めていくのが賢明です。弁護士への相談の中でも、多いのが相続することができる遺産に関してです。遺産は、一部を除いては全て相続の対象となります。貯金や土地などのあらゆるものが遺産となり、それらが権利のある者全てに法律に基づいて分配されます。

しかし、この時気をつけなければならないのは、負債も全て分配されてしまうという事です。もし、亡くなった方が借金をしていた場合や、何かのローンを組んでいた場合などは、その負債もきちんと分配していかなければなりません。しかし、借金額があまりにも大きい場合には、それを放棄する事もできます。分配を放棄したい場合には、貯金などのプラスの遺産には一切手をつけてはいけません。

1円でもプラスの遺産に手をつけてしまった場合には、負債も相続する事になってしまいますので、まずは負債などがないかどうかを必ず用心してチェックしておく事です。さらに、弁護士への相談としては、その方が死亡しているのかどうかが不明な場合に関してです。例えば、失踪していたり事故などに巻き込まれて行方不明な場合には、志望していることが確定していない状況にありますが、そのような場合には、7年以上行方がわからない時には、法律上死亡したものとして扱うことができるようになっています。また、天災などで行方不明な場合には、1年以上の不明期間があれば、相続に着手する事ができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です