Skip to content

相続関係調査と弁護士への依頼

「民法」という法律では、亡くなった人との関係に応じて、その遺産を受け継ぐことができる権利を持つ「法定相続人」が定められています。配偶者とその子供だけの核家族であれば疑義が生じることはまれですが、例えば亡くなった人が過去に何度も婚姻を繰り返しており、家族関係が複雑であるという場合には、遺産を分割しようにも、まず法定相続人が誰であるのかということから特定しなければなりません。このような場合、自力ですべてを行うのは面倒ですが、弁護士に依頼して手続きを行ってもらうという方法もあります。相続人の特定にあたっては、亡くなった人の出生から死亡までのすべての戸籍を、その本籍地の市町村から取り寄せる必要が出てきます。

その手続きですが、戸籍を誰でも閲覧できるようにすると、何らかの犯罪のために悪用されるおそれがありますので、基本的に戸籍の構成員や直系親族などに限って交付が認められています。このため、戸籍の取り寄せにあたっては、本人が直接市町村役場に請求するか、代理人の場合は委任状をあらかじめ書くなどする必要があります。しかし、法律の専門職である弁護士であれば、こうした委任状がなくても、職務上の目的であれば交付を受けることができるので安心です。また、戸籍とひとくちに言っても、コンピューターにより打ち出された「戸籍事項証明書」、コンピューター化される前の「改製原戸籍」などのいくつかの種類があり、初心者では混乱することも多いため、そういった意味でも弁護士の法律の知識が役立ちます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です