Skip to content

相続で揉めたくないときは弁護士に頼りましょう

資産が多い家庭は裕福に暮らせるので、羨ましいと思っている方は多いですが、家長がなくなった後で遺族間で遺産相続争いが起きることがあるので、それに巻き込まれると、泥沼の争いに延々と巻き込まれることになります。ドラマや映画、小説などでもよくある話ですが、現実に起こることなので、どれだけ仲の良かった兄弟姉妹であっても争うようになる可能性があります。それを回避するためには、事前に弁護士を雇い、あとを任せるようにしてください。生きているうちから死後のことを考えるのに抵抗を持つ方もありますが、財産や家族が多ければ多いほど、揉める原因になるので、生前に細かく決めていた方が、安心してこの世を去ることが出来るでしょう。

自分の死後に遺族が争うことを考えただけで悲しい気持ちになってしまうので、生前に弁護士に依頼し、正式な遺言書を残しておくことをおすすめします。遺産分割協議書の作成というのは、一般の方には非常に難しいことなので、わからないことはすべて弁護士に任せるようにしてください。財産の相続手続は、被相続人が亡くなると即座に始められますが、故人が不動産の名義を持っている場合は、不動産の名義変更をしなくてはなりません。そのためには相続登記が必要なので、忘れないうちに早めに手続きする必要があります。

このときの手続きで必要なのは戸籍謄本などの証明書類なので、役所に行って受け取る必要がありますが、このあたりの詳しいことはすべて弁護士が説明してくれるので、指示に従うだけで済みます。広島で相続のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です