Skip to content

相続財産の分割は弁護士が行うわけではない

相続財産の分割は、法律で最初から決められているのであって弁護士が勝手に行うわけではありません。そのため、厳密に言えば家族同士の話し合いだけで相続は実現可能で弁護士に積極的に相談する必要性はありません。しかし、実際に相続の現場にあうとこのようなことも考えていられなくなってしまいます。何故かというと、それぞれの権利者に対する割合に関しては少なからずトラブルが発生することがあるからです。

亡くなった人の遺産は、民法で規定されている通りに分割されます。最も多く遺産の分割分を受け取ることが出来るのは亡くなった人の配偶者で、その次に多く受け取ることが出来るのがその子供です。ところが、法律のこうした割合だけでは問題を解決することができない場合もあるのです。それは、亡くなった人が生前に家族に向けて遺言を遺していた場合です。

このときには、遺言書の効力が法律で規定された割合よりも優先して発揮されることになるため本来の権利者の優先順位が引き下げられることもあります。このような場合には、弁護士を通して誰がどのくらいの割合の遺産を相続できるのかを調べてもらわなくてはいけません。相続は、色々な法律関係が絡んでくる問題であるため安易に手続きをしてしまうと権利を持っていた人が損をしてしまうケースもあります。そうならないようにするためにも、疑問点があるのならばすぐに相談しなくてはいけません。

それだけで安心して遺産を受け取ることが出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です