Skip to content

相続でトラブルを招かないためには弁護士への相談を

遺産相続は、場合によってはトラブルを招きやすいものです。特に多いのが、相続人が誰であるか特定されていないというケースです。そのような事態を招かないためには、第三者の力を借りてことを進めるのがいいでしょう。しかしその場合、誰の力を借りるべきなのでしょうか。

一番いいのは、やはり弁護士や司法書士に相談することです。特に専門の事務所であれば言うことなしです。この場合は、出来れば本人の生存時から準備を行うようにしてください。備えあれば憂いなしといいますが、早めにアドバイスを受けて、きちんとその時に向けて対策をしておくことこそが、後でトラブルを招かないコツです。

特に、2015年から相続税制が改正されていますので、今後は対策を、より一層きちんと練る必要が出て来ます。相談はまず、弁護士事務所に電話かメールで連絡をしてアポイントを取り、当日は時間に遅れないようにしましょう。また、その場合には本人確認の書類、たとえば免許証や保険証などと、実印を持参するようにしましょう。受任の際には実印が必要になります。

それから、出来れば相続不動産を特定できる書類や、戸籍謄本または住民票を持って行くといいでしょう。また、相続人の人数や、遺産の現状などもきちんとチェックしておくことが大事です。また、弁護士事務所や司法書士事務所では、遺言の作成に関する相談にも乗ってもらえます。相談をしたいが、まだ遺言書を作成していない場合は、まずそちらから始めるようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です