Skip to content

遺産分割などの相続問題は弁護士に相談できます

遺産相続というものは亡くなった方の保有していた遺産について、配偶者や子供などに受け継ぐことを言います。被相続人が亡くなられた時点から相続は開始されており、遺産について権利を持っている人たちに受け継がれることになります。遺産分割に関しては法律上の手続きとしての届け出を必要とする行為ではありませんので、亡くなられたことを知らなかった場合であっても開始されています。遺産を受け取る対象者が複数いるときには、遺産分割を行う全てにおいて全員の財産となり、遺産分割の方法が決定するまでは誰かが勝手に処分することはできません。

誰が権利を持っていて、どのように分割をするのかを受け取り人全員で話し合いを行うことによって決定することになります。遺産分割を行う経験は誰にとっても何度も経験するものではありませんので、ほとんどの人が未経験者となることでトラブルが生じやすい事案と言えます。相続の問題に関しては複雑さがあるために、トラブルが発生してしまうことが多いと言えるため、専門家である弁護士に介入してもらうことが、トラブルの解決策になると考えられます。遺産分割の方法は、遺言書があるときとないときとで異なってきます。

弁護士に相談することで、財産の調査や対象者の調査を行ってもらえます。遺言書があるときには遺言書のとおりに分割を行って、無いときには遺産分割協議を行います。遺産分割協議において成立しなかったときには、調停が必要になりますので、その際においても弁護士に相談することができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です