Skip to content

相続に関してどれくらい弁護士費用が必要なのか

遺言の作成や執行、申し立てなど相続に関する調査や作成などにかかる費用がどれくらいになるのかわからず、なかなか弁護士に相談できない人も少なくないのではないでしょうか。士業といわれるものには、行政書士や司法書士、税理士などもあり、弁護士でなくても遺言書作成などは行えます。ただ相続人の間で遺産分割について意見が分かれた時に、二度手間にならないというメリットがあります。これは法律上争いのある事件の処理は、弁護士しか認められていないためで、遺産分割協議書の案を作成するのは、どの士業でも行うことができますが、彼らが行えるのは、相続人同士が決めたことを書面に記すことだけです。

そのため争いがない場合にはどの士業に頼んでも問題ありませんが、少しでも遺産の分け方について意見が異なる件に関しては、相続人間の言い分を調整し解決した内容を書面に残す必要があり、これは弁護士にしかできない仕事となっています。このため、もし最初に他の士業に依頼をしていた場合、改めて探す必要があり二度手間となってしまいます。弁護士は、その業務で多くの紛争を取り扱っているので、紛争解決の為のノウハウをもっています。また通常の業務を通じて裁判官や調停委員がどのようなことを考え、どうやって進めていくかを予測することができるので、経験を通じて有利に働くかどうか的確に判断する事ができます。

また相続を円満にまとめる役割も担っているので、悩んでいる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。広島で相続のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です