Skip to content

相続時には弁護士が頼りになる

相続時には、深い民法の知識が必要になります。素人ではなかなか効果的に相続を行っていくことは難しいですから、このジャンルを得意としている弁護士事務所に行ってみるのが一番ではないでしょうか。弁護士なら、相続人間の法律トラブルも適切に解決へと導いてくれますし、他のどの職種の人たちよりも詳しくアドバイスをしてくれます。遺留分減殺請求権や放棄などについての手続きも素人では難しいものがあるので、代理してもらうと楽ができます。

もちろん、親族間で裁判になったときにも頼りになりますし、遺言の正当性を争う場合などにも弁護士は必須になります。万が一のときのことを考えると、やはり最初から雇っておくのがベストです。多くの法律事務所では、相続についての相談は無料で行ってくれるので、費用についてもあまり心配はしなくていいです。もちろん、あまりにも相続分が少ないのであれば赤字になってしまいますが、ほとんどの場合で成功報酬は勝ち得た金額の何割かということになっているために、料金についてはそれほど心配をする必要がありません。

マイナスにならないことだけを確認しておけばいいのではないでしょうか。ただ、長い付き合いになることが多いので、信頼できる弁護士事務所を探すということは絶対に必要なことです。裁判は長いですし、権利の消滅も長いですから、それまできちんと面倒を見てくれる法律事務所を見つけ出すのが大変なのです。口コミなども参考にして賢く選びましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です