Skip to content

弁護士というのは相続の相談も受け付けて

弁護士というのは、相続の相談も受け付けているものです。ですから、何か相続で揉めそうであるならば、十分に依頼して見る価値はあります。当然ですが、それなりの費用がかかることになりますが、それでもトラブルが起きるよりは遥かにマシです。弁護士は実は結構な数がいますから、よく選ぶ必要があります。

しかし、相続はそこまで難しい行為ではありませんから、大抵の弁護士が受け付けています。本格的に依頼するかどうかの前に普通は相談をするものです。そして、単純に遺言書を書くだけのこともありますし、その実行までお願い人もいます。実行をお願いする、というのは、しっかりとその通りに相続が行くように手配してもらうのです。

自分が死んだ後の話になりますが、やはり確実に自分の遺志の通りにするには、専門的な知識とその資格がある人に依頼しておくのが最も無難であるといえます。ちなみに遺言書の書き方一つでも揉める要素がありますから、それだけの相談でもやる価値はあります。相談料も大抵は30分でいくら、という料金形態であり、それだけで何万円というほどでもないですから、心配は無用です。物凄く焦っているわけでもないならば、ゆっくりと決めたほうがよいです。

ちなみに遺言書というのは書き直しもできますから、別に一度ですべてをキチンと決めることでもないです。つまりは、そんなに緊張しないでとりあえず、ということで書いても大丈夫ですから、焦らないほうがよいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です