Skip to content

相続関係の相談を弁護士にする

弁護士には相続関係の相談をすることができます。まず、そもそも相続という行為自体は実は意外とキチンとどうするべきなのかが決まっています。最低限、相続できる、或いはさせる必要がある割合が決まっています。それが遺留分というものなのですが、これを守っていれば、基本的には故人の遺志は守られることになります。

但し、それでも揉めることがありますから、弁護士に相談をするのです。しっかりとした遺言書を残しておいて、そして、弁護士に預けておくことによって、確実に実行できるようになります。裁判沙汰になることも珍しくないので、備えておいて損はないのです。ちなみに確かに財産があるほうが揉めやすいのですが、そんなに極端に高額でないほうが争いになる、というデータがあります。

要するに何億円、十何億円と言う金額の人たちもそうなのですが、数千万円程度でも揉める可能性はある、ということです。ですから、そんなに財産はないから、別に揉めることはないだろう、という認識は危険です。あくまで遺す側の配慮として、揉めない様に手は打っておくべきであるといえます。相続人間で揉めて、家の力を削ぐようなことになれば、まったく財産を残す意味がなくなります。

ですから、納得するかどうかはともかくとして、決めてしまうことが重要です。そして、それを法律行為の代理人として最高である弁護士に依頼するわけです。それが確実なことであり、お勧めできるわけです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です