Skip to content

相続問題解決を弁護士に依頼すると報酬はいくらか?

遺産相続の問題を法律事務所に依頼すると、次のような費用が請求されます。着手金+報酬+実費となります。依頼前に相談することで相談料が求められ、1時間10000円+消費税の法律事務所が多いでしょう。本格的に依頼となれば、着手金の支払いをし、弁護士による相続手続きとなります。

着手金は30万円と決めている事務所に対して、対象資産額別にパーセンテージを設けている事務所も多いです。仮に経済的利益が5000万円の場合で5000万円以上を3%と定めている場合、150万円となります。実際に費用が掛かった実費についてはすべて依頼者側の負担で、書類作成や印紙・切手代もすべて依頼者が負担します。成果報酬は5%から15%というところが多く、経済的利益の額が多くなるにつれてパーセンテージが低くなります。

仮に5000万円の報酬が5%であれば、150万円となり、着手金+報酬で300万円+消費税となり、そこに実費が掛かるのです。対象資産と相続人が多くなるケースで複雑化し、裁判などに発展するケースで解決まで長期化するため、依頼者が負担する費用が大きくなりがちです。個々の相続対象者が個別に弁護士を付ければ、とてつもない金額を弁護士に支払うことになります。弁護士は経費のすべてを依頼者に負担させるのと着手金という他の職種に例を見ない費用負担があるため、費用に関しては予め法律事務所に確認しておくことが支払い時のトラブルを避けることとなるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です