Skip to content

負の遺産の相続が発生した際の弁護士サポート

相続に関連するトラブルは多岐にわたり、高額な資産を受け継ぐことが決まったケースなどだけではなく、負の遺産を受け継がなければならないケースなどもあるので、弁護士の方に相談して慎重に問題に取り組まなければなりません。これは金銭や不動産などの相続が決定した際と同様に、遺産を受け継ぐ権利のある方が借金などの債務を支払わなければならなくなるものです。このような場合は、個人の知識の及ぶ範囲では適切に問題を解決に導く事が難しくなるので、法的な側面からのサポートが重要になるとされます。この問題を、個々の金銭的な負担をなくして上手く解決する方法もある為に、予め弁護士の方に相談しておき、金銭にまつわるトラブルを効果的に回避しなければらないのです。

また、隠された遺産がある場合には、法的に適切な割合の遺産を受け継ぐことが難しくなる事が頻繁にあるものです。これは親族間でも揉め事になりやすいという傾向があり、遺言状で遺産相続の割合が明確に記載されていた場合でも、把握していない遺産が後から発見されるケースなどもある為に、親族間で揉めてしまうことが頻繁にあるケースです。これらの事例では遺産分割の調停などを行う必要もあり、場合によっては不動産などのケースで、共有分割にまつわる訴訟なども必要になります。そのため、これら入り組んだケースに上手く対応するためにも、弁護士の方の協力を仰ぎ、適切な方法で問題を解決に導いてもらう必要があります。

広島で相続のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です