Skip to content

債務整理の初心者はまず専門家に相談するのが一番

債務整理は、個人又は法人自らが負う債務を法的に整理する行為全般を指し、その生活や経営を立て直すことを目的としています。そして、人生に於いて何度も遭遇するようなことではなく、できれば債務整理をしなければいけない状態に陥らいないことが重要ではありますが、自らの力で解決できない場合には一人で悩みを抱えず法律の専門家に相談することが大切です。もっとも、債務整理自体は法的な知識や手続方法等を知ってれば自分でも行うことができますが、現実として整理が必要な方は殆どの場合初心者で、また金融機関等の債権者側に於いては個人からの申出に対して対応がまちまちであることなどから考え合わせると、やはり専門家に相談するのが一番賢明な方法と言えます。そこで、債務整理の相談は、広く弁護士や司法書士事務所で扱われており、一般的に事前に予約し、面談の上個々の状態や状況を確認されてから依頼を受諾するか否かが決定され、また受けた場合には正確な債務状況等を把握されてからそれぞれに最適な整理方法を提案しています。

そして、専門家が行う整理の方法には主に3つあり、具体的には裁判所を介して債務全額が免除される自己破産と一部が免除される民事再生、また裁判所を介さず債権者と直接交渉を行う任意整理とがあります。この他にも特定調停という方法がありますが、これは簡易裁判所の調停員を挟んで債務者と債権者が直接話し合いを行って支払方法等を調整する方法ですので、専門家の業務に馴染まないことの他初心者にも手続や下調べ等を要する為、やはり初心者が専門家に相談した場合には整理方法の選択肢は主に3つとなっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です