Skip to content

借金が返せない時には債務整理をしよう

好きなファッションや家電製品を購入したり、旅行で飛行機の運賃やホテルの宿泊費などを支払う時に、クレジットカードやカードローンを利用するケースが、最近目立つようになっています。どちらも契約が簡単というのが理由としてありますが、借金をするのと変わりませんので、当然ながら無理な利用を続けていれば、返済が滞る問題が発生します。借金の返済が苦しくなってきたなら、できるだけ早い段階で債務整理をするようにしてください。債務整理は、借金の返済の仕方を見直して、無理のない返済ができるようにする手段です。

整理するには個人でやることもできますが、一般的には法律の専門家の力を借りて行われます。専門家の力を借りる債務整理は、任意整理と呼ばれています。専門家の手によって利用中の貸金業者との契約当初までさかのぼり、法律と照らし合わせて利息を払い過ぎていないかを確認します。払い過ぎが発覚したら、貸金業者と話し合いを行い、払い過ぎていた利息分を借金残高から引いて返済額を減らしたり、今後の利息をなくして元本だけの返済を一定期間内に完済するという手段が用いられます。

貸金業者と話し合いをしなければならないのがハードルが高く感じられますが、実際には依頼した法律の専門家が交渉をしてくれますので、依頼者本人は特に何もする必要がありません。さすがにプロとあって、スムーズに実行してくれますので、借金に苦しむ人にはありがたい存在です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です