Skip to content

債務整理って自分でもできるの?

債務整理とは、借金の返済に困った人がとる救済措置です。では、債務整理は、弁護士や司法書士に依頼せずに、自分の力でやることは可能なのでしょうか?「任意整理」「個人再生」「自己破産」に関しては、個人では行うことはできません。示談に持ち込むための交渉力や知識がいるので、素人ではなかなか難しいでしょう。しかし、「特定調停」であれば自分でもできます。

これは、債務者すなわち自分が、簡易裁判所に申し立てをするという方法です。それにより、簡易裁判所が債務者との間に立ち、仲介をしてくれることになります。利息を下げるなどの返済の条件を緩和のほか、期間を延期するなどの措置をとってもらうように話し合いを進めます。これで、うまくまとまれば、弁護士や司法書士にかかる費用を節約できることにはなります。

一番安上がりな債務整理といえるでしょう。ただし、個人で行うとなると、すべての書類を揃えるために膨大な時間と労力がかかります。しかも、債権者と直接向き合わねばならず、相手によっては厳しい督促が止まらないこともあります。また、調停員が債務整理の専門家ではないだめ、不利な判決になったり、調停が成立しないこともあります。

さらに、過払い金が発生しても、そこで返還請求ができるわけではなく、別途訴訟を起こす必要があります。ちなみに、「任意整理」をした場合は、過払い金の返金を入れて、同時に返済計画を練ることができます。これらを考えると、債務整理は専門家に依頼するほうが、素早く確実に終わることもあるかもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です