Skip to content

遺産相続の遺言書作成時には弁護士に相談を

自分が亡くなった後、自分の遺産を誰に相続したいのか、また、自分が亡くなった後に相続人の間でなるべくトラブルにならない為にも、もしもの事を考え早めに遺言書を作成しておく事をお勧めします。遺言書の作成の仕方によっては、時として法的に効力のないものもありますので、作成時には注意が必要です。他人の代筆やパソコンなどで作成された遺言書は認められず、必ず自筆でなければなりません。被相続人の氏名、作成日、実印の押印など、いくつかの必ず満たさなければならない要件などがあり、事前に法的に専門の弁護士などに相談したり、立ち合って作成しておくと心配する必要はありません。

次に、作成した遺言書の保管には、くれぐれも注意しておく事が重要です。折角残した遺言書でも、すぐに誰かに見つかってしまえば、故意に誰かの手により、破棄されたり、偽造される場合もあります。また、自分だけにしか分からない場所を選べば、遺言書の存在を伝える事が出来ない事もあるものです。その場合は、弁護士などに保管を依頼しておくと確実でもあり、更に遺言執行者に弁護士などを指定しておくと相続人の間でトラブルもなく、面倒な手続きの心配を掛ける事もありません。

また、公証人に依頼して作成する公正証書遺言などの場合は、法的な効力を持ち、公証役場で保管されるため、誰かに破棄されたり偽造される心配もありません。但し、公正証書遺言の存在を誰かに伝えておく事も必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です