Skip to content

遺産相続に詳しい弁護士

遺産相続などの場合、事前に相続に詳しい弁護士などに相談をしておくと実際に相続を行う時にスムーズに手続きをすることができます。相続に関する法律が変わり今まで以上により広い層に相続税の支払い義務が発生するようになりました。弁護士はこれまで多くのケースを担当してきており様々な事態に対応することができます。また税理士や行政書士などとも連携を取ってスムーズに遺産の処理を行える体制を構築しています。

弁護士に依頼しておくことによりトラブルなども防止できより公平な形で遺産分与が行えます。特に企業経営者など多額の遺産を残しているケースなどでは親族を中心に多くの利害関係者が対立する場合があります。それらを防ぐ意味でも生前にしっかりとした遺言や遺産の分与に関する話し合いなどを親族を交えて行っておくことが重要です。株式や債券といった形で遺産を残すケースも多いためそれら有価証券の取引に詳しい弁護士なども必要になってきます。

特に名義変更や口座の変更など各種の申請や届け出をする機会も増え専門の弁護士の助言などが必要になってくるケースも増えてきます。これらをしっかりと準備しておくことで以後の処理が素早く行うことができます。団塊の世代が後期高齢者になる2020年以降はこれらのケースがより一層増えていくとみられておりこの分野のニーズは潜在的に多いとみられています。遺産に関すること全般をしっかりと調べて準備しておくことが必要になってきます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です