Skip to content

弁護士というのは相続の相談を

弁護士というのは、相続の相談を受け付けています。ですから、何か悩んでいるのであれば、まずは相談するとよいです。相談するだけでもお金がかかるものですが、場合によっては、無料相談会をしているときもありますから、そうした機会があればまずは行くとよいです。基本的には相続できる、させることができる財産があるのはとても有難いことです。

子孫のために美田を残さず、といいますが残される側としてはあったほうがよいに決まっていますから、少しでも上手く残せるように相談をするのです。とにかく、揉める要素が多いのが相続であり、今では長男、嫡子のみが全部を相続することが法律的には許されていないのですが、そうした意識を持っている人はとても多いです。しかし、遺留分がありますから、絶対に渡す必要がある分があると理解しておくべきです。逆にしっかりと配偶者、子供達に均等に渡したいと思っても、それでも揉める場合があります。

当然ですが、譲り渡すときには死んでいるわけですから、説得も宥めることもできないのです。ですから、出来るだけ弁護士に早めに相談しておいて、事前にトラブルを回避させるのです。家のトラブルほど、無駄なものはありませんから、避けられるならば避けるべきです。既に独立している子供達の間で揉めることが多いです。

つまりは、少しでも財産が欲しいのです。そうならないように弁護士にしっかりと手続きを進めて貰うことが重要になるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です