Skip to content

相続の遺言の効力を弁護士に確認してもらう

相続をするときには、亡くなった人が生前に遺言書を遺すことが可能です。遺された遺言書は、法定割合よりも先んじて法律的な効果を発揮させることが出来るため、特定の人物一人に対して遺産を相続させることが出来ます。この場合、相続に関する遺言の効果をしっかりと弁護士に確認してもらわなくてはいけません。なぜ弁護士の確認が必要になるのかというと、実は遺言書に関する規定については厳格な規定が存在するのです。

遺言書は、偽物が作られたりして偽造されないように、いくつかの要件が満たされていないとその効果を発揮できないようになっています。例えば、医師の立会いの下に遺言書を書かなくてはいけないなどと言った規定も存在します。書かれた遺言書は、家族が独断で管理するのではなく専門の弁護士に一括して管理してもらったほうが法的な信用力は向上します。そして、実際にその効果が認められたときにはその遺言書に書かれたとおりの割合で遺産が分割されることになるのです。

では、この場合遺言書に名前が書かれていない家族の人は一銭もお金を継承することが出来ないのでしょうか。実は、そのような人のために法律は遺留分という規定をきちんと設けています。遺留分は、相続権者が最低限受け取ることが出来る遺産の取り分であるためこの分の取り分は法律によって守られているのです。そのため、遺言によって法定の取り分が少なくなったとしても、最低限の遺産は相続できることを知っておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です