Skip to content

相続の割合がわからないときは弁護士に相談をする

被相続人の遺産に関しては、遺された家族に対する割合分がわからないときには速やかに弁護士に相談をして正確に確認してもらわなくてはいけません。そうしないと、正しい相続税を支払うことが出来なくなってしまいます。相続に関する弁護士への相談については、それぞれのケースに合わせて具体的に相談しなくてはいけません。例えば、法定割合で遺産を継承するのか、それとも遺言によって相続を配分するのかはそれぞれの場合によって全く異なっているからです。

民法では、遺言も何も残っていない状況では法律に定められた割合に従って遺産が分割されることが明記されています。例えば、財産を持った人が配偶者の夫であった場合には妻はその遺産を全て継承することが可能です。この妻に子供がいた場合には、妻が半分を相続してさらにその半分を子供が継承することになるのです。こうした割合は、最初から法律によって決められているため家族の人数が把握できた段階で速やかに分割しなくてはいけません。

一般的に、遺産に関する税金については一定期間が経過したときには追徴課税の対象となってしまうため、余計な税金を支払ってしまうことに繋がってしまうこともあります。そうならないようにするためには、どの割合でどの程度の遺産が分割されて、それによって生じた税金がどの程度なのかを正確に弁護士に計算してもらわなくてはいけないのです。後から間違ったことに気づいても遅いので、なるべく早い段階で相談しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です