Skip to content

交通事故の弁護士は加害者と交渉をするわけではない

交通事故に関わる被害者の弁護士は、誰と交渉をして慰謝料などを請求することになるのでしょうか。実は、交通事故に関する交渉は直接加害者と交渉することは大半のケースでありません。実際に交渉する相手は、法律の専門知識を有している保険会社の職員であることを頭に入れておかなくてはいけないのです。交通事故に関して被害者が絶対に弁護士を用意しなくてはいけない理由がここにあります。

自動車に関する事故の解決方法は、他の民事的なトラブルと異なって特殊なケースがほとんどです。これは、日本国内の法律に問題があるからです。基本的に、日本国内で自動車を購入して運転するときには必ず自賠責保険に入って保険会社に加入しなくてはいけないのです。そうしないと、自動車そのものを運転することが出来ません。

自動車事故の損失は、他の民事的な案件と違って非常に高額になってしまうことも珍しくないのです。例えば、身体に著しい損傷をもたらす後遺障害が認定されれば数億円という賠償を加害者側に請求することも可能です。このくらいの賠償金を請求されたときにはどうあっても返済することは不可能になるため、しっかりと保険に加入して事前に対策を講じておかなくてはいけないのです。これは、法律で最初から決められている義務です。

そのため、交通事故で弁護士が交渉をするときには必ず民間の保険会社と交渉をすることになります。そのやり取りによって、どれだけ多くの賠償金を請求できるかが決まるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です