Skip to content

交通事故は弁護士に相談

交通事故に事件性がなければ、警察は不介入です。現場に来て、後で交通事故証明書を発行してくれるだけで、間に入って治療費や修理代を請求してくれません。その為、自分が契約している自動車保険会社が相手保険会社と交渉する事になります。しかし、正直な話、過失割合が何割といわれても、その割合が適正なのかもわかりません。

判例でそうなっていると言われても、知識も経験もないので反論できません。保険会社の事故担当者は、ひとりで多くの案件を抱えています。解決した件数で人事評価されるなら、1件でも多く、とにかく早く示談を終了させスピード処理したいと思ってしまうでしよう。また、保険会社は慈善団体ではありません。

損害率が高くなれば経営に支障がでます。担当者レベルではそう思っていなくても、企業としては支払う保険金を抑えたいと思うはずです。示談の際に自賠責基準という低い賠償基準で算出した示談額を提示してくることがそれを象徴しています。交通事故に強い弁護士に相談するメリットは、保険会社と違う観点から適切なアドバイスが受けられる事です。

弁護士に依頼すれば、保険会社とやり取りせずに済みますし、賠償金額について保険会社の提示した査定額が適正かどうか判断してくれ、正当な賠償額を獲得出来るように交渉してくれます。保険会社や保険事故担当者が信頼できない、交渉結果に納得ができない場合は、弁護士にアドバイスを求めるのもいいでしよう。通常の対応より、解決までにどうしても時間がかかってしまうデメリットはありますが、自分の契約している自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、実質の自己負担はなしになる可能性があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です