Skip to content

交通事故の際には弁護士に相談する時期を考慮する

日常生活を送っている際には、不測の事態によって交通事故に巻き込まれてしまうこともあります。この場合、交通事故に関する被害者はいつ弁護士に相談すれば良いのでしょうか。実は、交通事故に巻き込まれたときに弁護士に相談をするのは事故に関する全ての手続きが終わった後だということを理解しておかなくてはいけません。交通事故が生じたときには、まず加害者から警察に対して電話をしてもらうことが大事になります。

加害者から警察に対して電話が入ると、警察が現場に来て現場検証が始まります。このとき、被害者が事故によって既に救急車などで運ばれていたときには後日事故の状況を聞かれることになるためしっかりと証言しなくてはいけません。そして、事故によって傷を負ってしまったときにはその傷を癒すために病院に通院したり、または入院する必要があります。そして、無事にこうした警察の手続きや病院での処置が終わった後に弁護士に対して相談に行かなくてはいけないのです。

このような過程で相談することになるため、実際に弁護士に対して交通事故の慰謝料の請求の依頼をするときにはそれらの手続きや処置によって得ることが出来る物的な証拠を保管しておかなくてはいけません。例えば、通院でどの程度の費用がかかったのか、どの程度入院したのかなどは慰謝料の判断基準となるため必須と言えます。それらの証拠を参考に弁護士は加害者側の交渉をすることになるため、この流れを忘れないようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です