Skip to content

弁護士に相談して交通事故での適切な請求を行う

弁護士に相談をすれば、交通事故の際にどのような請求や手続きをすれば良いのかがわかるので一通りの事故の話や聴取が終わったときにはきちんと弁護士に相談に行かなくてはいけません。交通事故に関しては、弁護士に対する相談は絶対に必要になるというわけではありません。例えば、交通事故の加害者となってしまった場合には保険会社が対応してくれることがほとんどであるため、加害者が何らかの行動を起こして積極的に被害者に対して働きかける必要はないのです。そのため、交通事故に合ったからと言って必ずしも弁護士に相談しなくてはいけないわけではありません。

しかし、事故の被害者になってしまった場合にはそれ相応の手続きや保険会社に対する請求をしなくてはいけなくなるため、適切な対処が必要になるのです。例えば、被害者の中には慰謝料と損害賠償請求を混同させている人がものすごく多いです。確かに、実際の事故の現場ではこれらの権利は同時に請求することがほとんどであるため両者を分けて考える必要はないことが多いです。しかし、実際に請求するときはあくまでも両者の請求権から発生する金額を要求することになるため、正しい計算によって正しい金額を相手に対して請求しないとかなりの損になります。

こうした計算は、事故に慣れた弁護士じゃないとなかなかわからない面もあるため勝手に判断するのではなくしっかりと相談することが大事になるのです。そうすることで、後で大きな問題を発見することも無くなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です