Skip to content

交通事故に弁護士は不要

交通事故に弁護士は必要ないと思う人の大半は、自動車保険に入っているから、保険会社同士で話をまとめてもらえると思っている人ではないでしょうか。考えたくないことですが、もし、交通事故の相手が無免許だったり車検切れだったりした時には、その交通事故の相手はおそらく無保険です。無保険の場合は、自分の保険を使うしかありません。ですが、自分に過失がない場合、到底納得できるものではありません。

しかし、そんな非常識な相手と示談をまとめるのは、個人には至難の技です。もしも相手が弁護士を立ててきたら、安心できると思うかもしれませんが、相手側がこちら側の得になるような話を持ってくるわけがありません。そういった場合には、自分も弁護士をたてるしかありませんが、費用もかかりますし、精神的負担ははかりしれません。では、どうしたら良いかという訳ですが、自動車保険に加入する際に弁護士費用特約を付ければ良いのです。

特約をつけることで、大抵の場合は300万円ほどを保険で賄えることが可能になるのです。自分は保険に入っていても、相手が保険に加入していなければ、どうしようもありません。リスクを最小限に抑えるにも、特約をつけることは意味があります。また、弁護士事務所に依頼する際には、金融機関勤務経験があるスタッフがいるなど、交通事故の損害賠償請求に強い事務所を選ぶことも大切です。

備えあれば憂いなしといいますが、こと交通事故に関してはまさにそう言えるのではないでしょうか。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です